光回線はADSLに対してこんなに有利

ADSLを使用していると、通信の速度や品質に関してさまざまな不安定な要素があります。どんな問題があるのか、そして光回線ならどう解決されるのかをご紹介します。

ADSLの交換局からの距離

ADSLの信号は交換局と言われる場所からインターネットの信号が送られてきます。

この交換局はいくつにも分散されて設置されています。問題はこの交換局から自宅までの距離です。

自宅がこの交換局から遠ければ遠いほど、通信の速度が落ちてしまいます。

交換局からの距離は自宅の電話番号で調べることができるので確認してみるとよいでしょう。もし何キロも離れている場合、かなり速度が低下することになります。

また距離があまり離れていなくても、自宅との間に鉄道が走っている場合もかなり速度が落ちてしまう原因になります。こういった自宅の立地条件で、ADSLは速度の低下を招いてしまいます。

また、元々のインターネットの回線の遅延のほかに電気的な外部からの影響で速度の低下を発生させるさまざまな要因があり、速度の低下をさらに招く要因となっています。

光回線は安定しています

光回線はこういった交換局からの距離の問題が無いため、自宅の立地条件によって速度が左右されることがありません。

メインのデータが多く流れる回線からデジタル信号が契約の速度に見合った分だけ分割されて渡されてくるのです。したがって、周囲の環境の影響をADSLほど受けることがありません。

ADSLはデータを送る信号の仕組みから周囲の影響を受けやすい方式です。これはADSLが比較的広い周波数の帯域を使ってデータのやり取りをしているためです。

たとえば、ラジコンの無線なども、ADSLの回線に影響を与えます。

また電話回線を使用する機器が近くで使用されている場合も速度低下や通信の切断を発生させてしまいます。

たとえば電話回線を使うガスの自動検針装置、ガス漏れ報知器、ホームセキュリティなどがある場合、この動作がノイズとなって速度低下を招いてしまうのです。

光回線は、こういった機器の影響を受けることが無いので、自宅の立地以外にもこういった自宅内の環境にも影響されることがほとんどありません。

光回線のおすすめ申し込み代理店を紹介
オプション加入なしで高額キャッシュバックの代理店を紹介しています。

WIMAXおすすめプロバイダー紹介
プロバイダー3社のキャンペーン内容を比較しています。