光回線宅内共有のメリット

光回線は実際に使ってみてわかる有利な点がたくさんありますので、紹介してきましょう。まずは自宅の中で使ってみた場合を紹介します。

宅内共有(LAN)

ADSLと同様に光回線を使用する場合も、ルーターを用いてLANで回線を分配して利用することができます。

このルーター機器にはLANのポート(差込口)がいくつか用意されているので、このLANのポートにLANの機器を接続することで、自宅の中でさまざまな機器を共有し、同時に使用することができるようになります。

たとえば、パソコンが二台あった場合、それぞれこのポートにLANのケーブルを接続して接続の設定をすると、二台が同時に使えるようになります。

最近はこのLANに接続することができる機器も増えてきました。例えば、プリンタもそうです。USBケーブルで繋ぐことはできますが、この場合は1対1になってしまうため複数のパソコンから同時に使うことができず、いちいち差し替えなければなりません。

もしルーターに繋いで置くことができれば、二台から同時に使用することができます。

そのほか無線LANを使ってスマートフォンを接続しておけば、携帯電話の月額契約のパケットを消費しないようにすることもできます。

宅内共有でのメリット

このように、複数のパソコンやスマートフォンをLANに接続してインターネットの情報をやり取りする場合にも光回線は威力を発揮します。

もともと通信の速度に余裕があるため、複数のパソコンやスマートフォンが同時に光回線を通じてインターネットにアクセスしたとしても、表示が遅いと感じることはまず無いでしょう。

そのときの条件にもよりますが、たとえば二台のパソコンとスマートフォンが、非常にデータ量の多い動画を見たとしても、光回線なら余裕でこなせます。

また自分の撮った動画をYouTubeにアップロードする際も、上りの回線に十分な余裕があるため、あっという間にアップロードが終わってしまうほど体感速度は速いのです。

また、上りと下りが同時に発生するような使い方をしても、遅いと感じることはまず無いでしょう。

他にもインターネットでは多くの楽しみ方がありますが、やはり動画や綺麗でサイズの大きな写真を楽しみたいときは、光回線であればイライラするような待ち時間無く楽しむことができます。

光回線のおすすめ申し込み代理店を紹介
オプション加入なしで高額キャッシュバックの代理店を紹介しています。

WIMAXおすすめプロバイダー紹介
プロバイダー3社のキャンペーン内容を比較しています。