光回線の料金は高い?高くない?

料金は条件によってさまざま

光回線の料金は、各社でさまざまな価格設定が行われています。たとえば一軒家の場合5年間利用した場合では、概ね月平均4000円~6500円台となるのが現在の相場です。

ADSLの場合、同様に5年間利用した場合、最も安いプランで2000円を切る価格からあり、高くても4000円程度までと幅があります。

もしADSLの最も高いプランを利用している場合、光回線とほとんど差がなくなってしまうので、光通信を検討してみましょう。

この価格はさまざまなキャンペーンなどで、当初の2年間は実質の料金がかなり安くなる場合もあり、条件によってはADSLよりも安くなる可能性もあります。

しかし全般にADSLよりも毎月の支払いは高くなる傾向にあるのがデメリットですが、これだけの高い品質と速度を得られるので、この良さを生かせるかどうかで判断しましょう。

たとえば、通信速度が速い分だけ実際に得られる情報量は圧倒的に多くなり、その結果得られる情報の質も高くなるでしょう。

例えば高画質の写真を素早く何十枚も見ることができますが、ADSLではとても時間がかかってしまうことも考えられます。

こういった待ち時間にイライラすることもほとんど無くなるはずです。また待ち時間も小さくなるため、短縮した時間で他の事を行うこともできるでしょう。

料金は一軒家よりもマンションが安い

光回線は、一軒家よりもマンションの方が一般的に料金は安くなります。

さきほど紹介したように、一軒家では5年間の月平均が4000円~6500円ですが、マンションの場合は2500円~5000円ほどになります。

これは1つの回線をマンションの住人で分配して使用するのに対して、一軒家ではその家で丸ごと使用するためです。

この仕組みのため、マンションの住人がたまたま光回線を同時に使用し、さらにハイビジョン画質の動画を見るなどすると、それぞれの速度が低下してしまう場合があります。

しかし実際にはこういった状況になるのは稀です。というのもデータが流れ続けて占有してしまうことはなく、パソコンの使い方からするとバラバラのタイミングで使われるためです。したがって、実用的に困る場面はほとんどありません。

光回線のおすすめ申し込み代理店を紹介
オプション加入なしで高額キャッシュバックの代理店を紹介しています。

WIMAXおすすめプロバイダー紹介
プロバイダー3社のキャンペーン内容を比較しています。