ひかり電話を利用して料金を安くする

ひかり電話

NTTのフレッツ光を導入した場合に、ひかり電話を検討してみましょう。さまざまなメリットがあります。

たとえば固定電話に対して基本的な料金が安くなります。一般的な固定電話の場合、最も安い基本料金が1700円ですが、ひかり電話の場合は最も安いプランで500円からになります。

この場合は、単純な通話の機能だけですが、余分なオプションの必要ない方にとっては、かなり割安になります。

もしそのほかの電話のオプションを使用したい場合も、それぞれオプションの料金を支払って追加することができます。

たとえばナンバーディスプレーを追加した場合でもプラス400円なので、まだまだお得です。

さらに、キャッチホン、ナンバーリクエスト、ボイスワープ、迷惑電話お断りサービス、着信お知らせメールといった付加機能をいくつか使用する場合は、ひかり電話A(エース)がお得です。

これは1500円のサービスに、これらのオプションが全て含まれ、さらに480円分の通話料が含まれています。

400円のナンバーディスプレーと、300円のキャッチホンを追加した時点で実質的にはひかり電話A(エース)にしてしまったほうがお得になるという、かなり思い切った料金になっています。

また通話料金も割安です。全国どこにかけても、どの時間帯でも、固定電話への通話は1分8円です。電話の時間が長い方は、これですぐに元が取れるかもしれません。

ひかり電話の注意点

ひかり電話は料金の点でかなりお得感がありますが、いくつか注意点があります。固定電話の場合は停電になっても電話線からの電源供給のため、通話することができました。

しかし、ひかり電話はモデムなどの機器に電源が入っていないと通話することができません。

また停電から復帰したときも、モデムの通信が確立するまでの数分間、通話することができません。停電はめったに無いことですし、その場合は携帯電話を使えばいいという割り切りができれば、問題にはならないでしょう。

また、ひかり電話はIP電話として使うことができません。050同士なら無料で通話できる場合もありますが、この050の番号が対象外になっているため、無料通話をすることができません。

この場合も、スマートフォンに050通話のアプリを入れると無料で通話することができます。また宅内の無線LANを使えば050通話で問題になりがちな、通話品質低下の問題もほとんどありません。

このように、デメリットは他の方法でカバーできるものが多いのです。

光回線のおすすめ申し込み代理店を紹介
オプション加入なしで高額キャッシュバックの代理店を紹介しています。

WIMAXおすすめプロバイダー紹介
プロバイダー3社のキャンペーン内容を比較しています。